『感動力の磨き方』セミナー音源

  <2017年1月14日収録@代官山> 

 

 

1000社20万人の目から鱗を落とした感動講演のエキス満載の音源。

 約2時間の講演の詳細な中身については、以下の通りです。



*あなたの内側にある感動力の源泉にリンクする

 65個のセミナーコンテンツ

 

 

▼教わるのではなく〇〇するセミナー

 

▼パワーポイントは便利だが大切な「〇」がなくなる

 

▼役者は表現力で同じシナリオに違う価値を生み出す

 

▼感動力とは3つの力の掛け算

 

▼ゴールがないと一生現役?

 

▼世阿弥が残した珠玉の成功格言

 

▼今の自分しかできないベストがある

 

▼言葉をプロデュースするとは?

 

▼一瞬で表現力を高めるマインドシフト

 

▼ドラマ思考の神髄とは?

 

▼お客様と共演できたと思う瞬間

 

▼主客一体というドラマのつくり方

 

▼入口は頭で落とすのは肚

 

▼能力は掛け算でブレイクする

 

▼伝えるだけでは一方通行

 

▼情報過剰時代に高まる能力とは?

 

▼情報が伝わるための3つの要素

 

▼リーダーはカリスマ型から〇〇型へ

 

▼デジタル時代のスーパーキーワードとは?

 

▼5兆円の巨大マーケットとは?

 

▼顧客満足ではもう売れない

 

▼モノが充足されても幸福度は上がらない

 

▼本当のライバルは違う業界にいる

 

▼満足と感動と感謝の違い

 

▼興奮型感動より〇〇型感動

 

▼劇的は激的にあらず

 

▼賢者は戦わずして勝つ

 

▼共演者と競演者の違い

 

▼主役と主人公の違い

 

▼チーム全員が当事者になる方法

 

▼朗読「ハッピーエンドの共演ドラマ」

  

▼商品を売るなシーンを売れ

 

▼あなたは説得されて買いたいか?

 

▼一瞬で心がつながるプラス一言

 

▼ハッピーエンドを創るのは共演者

 

▼この指とまれ(価値観共有)ビジネスとは?

 

▼いい人悪い人のキャスティングはドラマの基本

 

▼適度なストレス=生きる力

 

▼プラス思考とドラマ思考の違い

 

▼元気が出る言葉「出たな共演者!」

 

▼パフォーマンスを落とさない人間関係

 

▼偉大なヒーローほど・・

 

▼感動エピソードを増やす生き方

 

▼人生を変えるDKWとは?

 

▼感動スピーチのコツ

 

▼感動の方程式とは?

 

▼期待を制する者ビジネスを制する

 

▼渦の中心になってドラマを生み出せ

 

▼言行一致のスペシャルな価値

 

▼予定調和から予定外調和へ

 

▼ハッピーエンドに必要なものとは?

 

▼あなたは今ドラマの中にいるか

 

▼映画は他人事なのに感動する理由

 

▼謙遜の美徳というドラマ

 

▼先読みというセンス

 

▼ハリウッドで映画化される企画の基準

 

▼人称シフトで伝わり方が変わる

 

▼目指すは101%のドラマティック

 

▼感動ビジネスは期待を上げ続ける?

 

▼朗読「大切な人へ大切なことを伝える」

 オリジナルBGM付き

 

▼人生のテーマは二つしかない

 

▼感謝の後に来たハッピーエンド

 

▼感動力は生きる原動力

 オリジナルBGM付き

 

  

 

< ご注文はこちら >

 

『感動力の磨き方セミナー音源(2017/1/14収録)

 

 ¥ 10,800(消費税込)

 

 

 

<視聴方法>

 

■本教材は【Web視聴】&【ダウンロード形式】のみでの販売です。

 (CD・DVDをお送りする形式ではありません)

 

■お届け方法は「googleドライブ」のファイル共有ソフトを利用します。

 購入確認後にお送りするメールに記載されている専用URLをクリックするだけで音源を聴くことができます。

 (googleドライブ,gmailアカウントをお使いでなくてもお聴きになれます)

 

■パソコン・スマホいずれでも聴けますが、ダウンロードしてiTunesなどでも聴くことができます。

 またgoogleの無料アプリ「music player for google drive」を使うと操作がよりしやすくなります。

 

■万が一「クリックしても音源が聴けない」「ダウンロードができない」等の場合はお知らせください。

 別途ファイル便で音源をお送りいたします。

 

 

 <音源ご利用上の注意(重要>

 

★この音源の著作権は、平野秀典(以下著作権者という)に帰属します。

 

★この音源を著作権者の許諾を得ずに、

 

 ・配布や販売・賃貸業に使用すること

 ・ネットワーク等を通じて音源を送信できる状態にすること

 ・催事、講演会・説明会・広報活動等で使用すること

 ・Webコンテンツ・TV及びラジオ番組・CM・DVD・CD等での使用、

 

 及びこれらに付随するすべての使用を禁じます。